リメイクドレス

リメイクドレスは 色々と巾の広い展開をしています。

1,ドレスからドレス(デザインが古い、サイズ変更)

2,ドレスからフォーマルスーツ (日常ではスーツ着用が多い)

3,着物からドレスへ (年代向きの素材柄が見つけにくい) 

4,母のウェデイングドレスを娘に (20年から30年位前のドレスを再び復活)

5,その他

四つ身の着物からドレスへ

 

四つ身の着物からドレスにリメイク

 

四つ身の着物は七五三の七才のお祝い着で

お孫さんのお祝いに贈られる記念の着物です。

 

13歳の十三参りまで着られますが身内に

お祝い事がなけれは着る機会の少ない着物です。

 

一般には大切に次の代まで保管されています。

 

今回は ヴィオリン演奏をされている方が成人になられたので 大人のドレスのリメイク 2回目になります。

 

大人のサイズでは身頃部分が不足しているので脇部分、肩の部分を着物地をはさんでリメイクドレスに作り変えました。

 

着物柄の生かす方法

 

目立つ着物柄をドレスのスカート部分に置いています

 

着物素材をそのまま使用すると

ドレスの雰囲気とかけ離れる場合が多くあります

 

今回も柄がはっきりしているので 着物柄に同色のオーガンジーを重ねて柄の見た目を柔らかくしています。

 

オーガンジーは光沢もありドレスの雰囲気が出ます

 

四つ身の生地量からは大人のドレスは作れませんので

無地の部分の生地(洋服地)を組み合わせてドレスの広がりを出し作っています。

 

四つ身の着物

前位置の様子

 

四つ身の着物

後位置の様子

一度めのリメイクドレス


母から娘へのウエデイングドレスのリメイク


リメイク前のドレス

お嬢様が20年以上前にお召しになった

ウエデイングドレス ジャガード織のシルクサテン

袖、衿付きのドレス

リメイク後のドレス

大柄の模様が映えるシルクジャガード生地 

シルク素材なので黄ばみがあり全体に薄地オーガンジーを重ねる 身頃はシンプルに裾広がりに変更


元のドレスの生地の様子

ウエデイングドレスに合う華やかなジャガード織生地

生地を100%生かすようにします

元生地にシャンパンゴールド色のオーガンジーを重ねた様子 シルク生地の黄ばみも抑え 全体に光沢を加えて今風のドレスのふんわり感を表現します。



制作ドレスのイメージのスタイル画

元ドレスを解体した様子

リメイクするドレスのパーツ 身頃部分の配置


ドレスの仮縫いの様子になります。

ドレス全体に同色のオーガンジーを重ねています。

 

 

リメイクをしたウエデイングドレス仕上がりです。

元ドレスがスレンダータイプだったので 上に重ねたオーガンジーでスカート部分の広がりを演出しています。


軽くシワにならない演奏用ドレス

軽く、しわにならないドレス

 

チュール素材の軽く、シワにならない生地で

演奏用ドレスをお作りしました。

裏地は発汗性素材を利用していますので 

夏の演奏会など 汗をたっぷりかいた後

ご自分で自宅で洗濯ができるドレスをご提案しました。

演奏会が遠方出会った場合 丸めてもしわにならず

軽く どこでも洗濯が出来 次の日も心配がいらないと

大変好評でした。

サイズ出しとリメイクをしました。

軽く、しわにならず 持ち運びが便利である と

長年ご愛用を頂き

 

今回 サイズ直しもあり デザインを変更してリメイクをしました。

 

ウエスト部分に変化を入れ 大人っぽくデザインの変更をしました。

ドレスからスーツへ

教員をされている方から 

ブライダルのドレスのオーダーを頂きました。

 

その後の多く着用するフォーマルスーツにリメイクしました。

リメイクする目的が最初からありましたので

生地、色選び、デザインを最初から相談して

アイボリーのシャンタン生地を準備して

ドレス生地に別生地を保管ておきました。

 

ドレスのポイント 

ハイウエスト切り替えのマーメードドレス 襟ぐりのビーズ付レースはそのまま生かしキャミソールにリメイクしています。

ドレスの大きいリボンからは上着の袖が作れます。

 

 

 

着物からドレスへ

音楽学院を経営されつつ演奏活動されている方からの依頼です

 

中高年向きのドレスが中々存在しない。

キャリアのある方向きに 着物地からのドレスを提案しました。

着物柄が見立ちすぎないように全体にグレーのオーガンジーを重ねています。

ドレス表面に光沢が出る様しています。